MENU

HD PENTAX-D FA 21mmF2.4ED Limited DC WR

PENTAXの銘玉レンズの中でも特に誉れ高いFA Limitedシリーズ。
描写性能を突き詰めるのが一般的な高級単焦点レンズにおいて、「官能的表現」に重きを置く、PENTAXらしい変態レンズ。

そんなFA Limitedシリーズに昨年11月、はじめてデジタル機専用の「D FA Limited」が発売されました。

それが、この

HD PENTAX-D FA 21mmF2.4ED Limited DC WRです。
(以後、DFA21mmと呼称します)


お迎えしたのは1月でしたが、作例を撮りためるのに時間がかかったので、このタイミングでのご紹介となっちゃいました。

 

それでは早速、気に入っている点から。

 

 

Very Good

かっこいい


中身はともかく見た目から。それがウチのお迎え基準です。下衆な人間性が漏れ出していますね。

その点、DFA21mmはさすがのLimitedシリーズ、下衆なお迎え基準を完璧にクリアしています。

FA Limitedとデザインが共有されていることでレンズを並べた時の満足感が半端ではない。

絞り環がなくなりましたが、個人的には別に気になりません。

 

それにFA Limitedの象徴であった七宝焼のフィンガーポイントは引き継いでいます。

黒くて渋い光沢を放つ筐体に不釣り合いな美しい翡翠色。ちゅき。

 

K-1Ⅱに装着するとこんな感じ。

石原さとみに花柄のワンピースでも着せたかのようなベストバランス。
ハァ...ハァハァ...(危険)

 

サイズ感


FA Limitedと比較すると大きいのですが、21mmという超広角レンズであることを考えると驚くべきサイズです。

15-30mm F2.8の超広角ズームと比較するとこの通り。

15mmが必要なシーンというのはなかなかなくて、普段なら21mmで十分事足ります。お出かけする際もDFA21mmはカメラバッグの占有率をだいぶ抑えられるので最高ですね。

 

 

F2.4の明るさ


このレンズが最初にお披露目された時、F値は明らかになっていませんでした。
なので、大きさ的にF3.2くらいかな~なんて予想していたのですが、なんと2段も明るいF2.4。PENTAXさんYDKじゃん。

PENTAX K-1 Mark II HD PENTAX-D FA 21mmF2.4ED Limited DC WR f/2.4 1/2,500 ISO100

この明るさによってレンズのキャッチコピーである“海辺の貝殻とはじける白波、そして水平線までの自然なボケ味”が表現できるってわけです。
作例はウトナイ湖のフローズンフラワーなんで全然違うけど笑
前ボケも後ボケも周辺減光までもFA Limitedの血脈らしい柔らかく、自然で美しい。

 

官能的な描写性能


FA Limitedの発売から幾星霜。正直、FA Limitedにあった官能性を現代でも再現できるのか不安でした。

PENTAX K-1 Mark II HD PENTAX-D FA 21mmF2.4ED Limited DC WR f/2.4 1/800 ISO100

杞憂でした。
質感と湿感、豊かな色の乗り方。これぞまさにFA Limited。

唯一無二。唯我独尊。

PENTAX K-1 Mark II HD PENTAX-D FA 21mmF2.4ED Limited DC WR f/8 1/250 ISO100

しかも現世代レンズらしく解像感も良好。

絞るとこんなにも鮮やかでスッキリとした絵になる。
官能的な描写と解像感の両立。誰だPENTAXは開発力がないなんて言った人。

 

まとめ

いまいちポイントはついぞ思いつきませんでした。APSでも使いやすい、21mmという超広角としては比較的とっつきやすい焦点域、いいところならまだまだ浮かびます。

値段がいまいち?ローンで買えばタダでしょ?