MENU

HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

皆さん、こんばんは。

 

前回のブログで「なぜK-1にしたのか」を次に書くといいましたが、延期することにしました。

先に一緒に買ったレンズの自慢をしたくなったので\(^o^)/

 

 

一緒に買ったレンズのうち、一番の大物がこちら。

HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

 

です。憧れの超望遠レンズ。

 

色んな人の写真ブログを読んでるうちに「北海道にいるんだから、野生動物も撮りたい」と思うようになりました。

となれば望遠レンズは必須ですよね。

 

 

うちにあるレンズの中で一番の望遠レンズ、シグマ 18-300mmと大きさを比較してみました。

だいぶでかい。

 

伸ばしてみるとさらにでかいです。でかいだけではありません。K-1と組み合わせると3kg超えです。

ダンベルです。筋トレが出来ます。「あ〜うちの旦那ってひょろくて頼り甲斐がないわ〜」という奥様、いかがでしょうか。

20万ちょっとで、憧れのムッキムキ旦那が手に入ります。RIZAPより安い!

 

ところで実は上の写真。こんなにデカさが違うのにテレ端はどっちも450mmくらいです。

APS-CのK-S2は300mmのテレ端がフルサイズ換算で約450mmになるからですね。

じゃあ、新しいの買った意味ねぇじゃん、となるところです。

 

しかし、当然のことながら同じKマウントなのでK-S2もこの150-450mmのレンズが使えます。

K-S2で使うと、なんとそのテレ端675mm!!しゅごい!!

 

では、その威力をさっそく見てみましょう。

 

まずはシグマの18-300mmテレ端。フルサイズ換算で450mm。

明日がスーパームーンということもあって、お月さまがキレイでした。

これでも十分、でかい気はします。

 

続いてPENTAXの150-450mmをK-S2につけて675mm。

おおぉぉ!!!!

 

 

重い!!!!

 

何はともあれ、とにかく重いです。腕がプルプルしました。

しかし、それでもさすがに結構大きく写りました。これなら、頑張れば野生動物も撮れそうです。

 

 

 

昨年の宮島沼。この時は200mmのレンズしか持っておらず、がんがちっちゃくしか撮れなんだ・・・。

 

 

とはいえ、自分はそもそも動体をろくに撮ったことがありません。どんなにレンズが立派でも、まずは動くものにしっかりピントを合わせて撮る練習がいるでしょう。ただでさえAFが遅い、エリアも狭いPENTAXと生きていくのだから(;・∀・)

 

 

それでも来年くらいには、今回買ったレンズで「おぉ」と思われるような動物の写真をアップしたいものです。