MENU

大信州 槽場詰め 純米吟醸生 〜長野県 大信州酒造〜

久しぶりにお酒のネタです。

と言っても、飲んだのはだいぶ前ですが、感想ははっきりと!くっきりと!うっすらぼんやり覚えています!!

 

 

長野県 大信州酒造の「大信州 槽場詰め 純米吟醸生」

 

槽場詰めは(ふなばづめ)と読みます。

槽場、とは日本酒の蔵でお酒を搾る場所なそうです。つまり、よくあるあれですね、

 

しぼりたて生!!

(たぶん、それじゃない)

 

そのおかげか、それとも純米吟醸だからなのか、口に入れた瞬間はスッキリフルーティーなのですが、後味は「さけ!」って感じです。

(我ながら、実にアバウト)

 

まぁようはとにかくウマい、ということです。

 

ちなみにこのお酒を買ったら、酒粕をくれました。

 

なので、血の滲むような努力をして、酒粕鍋を作りました(料理苦手)

 

なんて絶望的なビジュアル

 

酒粕鍋とは写真に撮ってはいいものではなかった・・・。

しかし、けっこう美味く作れました。

 

ただですね。酒粕を消化しようと、たくさん作ってしまったのです。

一緒に食べる相手もいないのに。

 

寂しい、どころの問題ではありません。酒粕というのは朝昼晩摂取するような物ではないようで、しばらくグロッキーな状態が続きました。

 

 

酒粕鍋を作る前に家族を作るべきですね。